遊牧民から見た世界史: 民族も国境もこえて

封面
日本経済新聞社, 2003年1月6日 - 465 頁
0 書評
評論未經驗證,但 Google 會查證並移除遭檢舉的不實內容
中央ユーラシアは「東西文明の十字路」などではなくそれ自体が高度な文明を誇る地だった。スキタイ、匈奴から、テュルク、ウイグル、キタイ、モンゴル帝国まで、膨大な原典史料をもとに草原の民の視点から世界史を描き直す傑作。

讀者評論 - 撰寫評論

我們找不到任何評論。

其他版本 - 查看全部

書目資訊